サービス介助士資格取得講座

HOME > コンサルティング事業 > サービス介助士資格取得講座

「サービス介助士資格取得講座」は、通信教育でサービス介助の基本理念や高齢者、障がいのある方への接し方などについて学び、課題提出後の実技教習で、高齢者、障がいのある方への具体的な接し方などの技術を習得していただきます。貴社のCS向上の一環としてもご利用下さい。

なぜ必要か?


高齢者疑似体験装具をつけて歩行体験

急激な少子高齢化を迎え、あらゆる業種業態で働く人々の少子高齢社会に対するスキルが求められています。ジェロントロジー学(創齢学)を基本に、少子高齢社会の環境作りに寄与するために、資格取得者が一人ひとりにフィットしたサービス介助技術を提供することが重要なのです。

特色


視覚障がい者へ通路のご案内

  • ジェロントロジー、介助技術、接遇などに関する知識と技能が向上できます。
  • 実技教習(12時間)でそれぞれの業種業態の方が必要なサービス介助技術の習得ができます。
  • 実技教習終了後、即日、検定試験を実施します。

通信教育カリキュラム


高齢者疑似体験装具をつけて、金銭の授受体験

  • サービス介助士の基本理念
  • ホスピタリティ・マインド
  • ノーマライゼーション
  • 高齢社会の理解
  • 高齢者への理解と介助
  • 障がい者への理解と介助
  • 障がい者の自立支援
  • サービス介助士の接遇
  • 関連法規および制度

実技教習課程カリキュラム


車椅子操作の仕方

  • オリエンテーション
  • ディスカッション(高齢者ってどんな人?)
  • 高齢者疑似体験
  • ディスカッション(体験の感想など)
  • ジェロントロジー(創齢学)とは
  • ホスピタリティマインド、接遇訓練
  • 車椅子操作方法・演習、移乗訓練
  • 視覚障がいの方への介助
  • 歩行が不自由な方への介助
  • 視覚障がいの方への介助
  • 身体障害者補助犬(盲導犬・聴導犬・介助犬)
  • ユニバーサルデザイン・共用品
  • 車椅子操作、手引きなどの実技チェック
  • 総合ロールプレイ
  • まとめ
    ...検定筆記試験(2日目の最後に実施)

資格取得の流れ

コンサルティング事業