会長ご挨拶

HOME > 当本部について > 会長ご挨拶

president.png

『生産性革新に向けた取組みを加速』

会長 佐伯 勇人

平素は、当本部の事業活動に多大なご支援とご協力を賜り、厚く御礼を申し上げます。さて、わが国経済は、好調な海外経済を背景に円安など為替相場が追い風となって、緩やかな回復基調が続いています。四国地域においても、企業業績が良好に推移するなか、非製造業を中心に設備投資が大幅に増加する一方で、個人消費に持ち直しの動きが見られるなど緩やかな回復基調が続いています。

しかしながら、全国に先駆けて急速に進む少子高齢化も加わり、企業の人手不足の深刻度は増してきており、企業の生産活動にも深刻な影響を及ぼすなど、今後の経済成長の大きな制約要因になりつつあります。

こうしたなか、将来にわたり企業が経済成長を持続していくためには、働き手1人あたりの生産性を高めるだけでなく、その付加価値をどれだけ高めていけるかが重要となってきています。付加価値向上に向けては、企業や業種を超えた連携やAI、ビッグデータ等を積極的に活用していくとともに、生産性向上の根源となる「人」を育てていくことが、今後ますます重要となっています。 

政府においても、「生産性革命」と同時に「人づくり革命」を推し進めています。個人の能力を高めていくとともに、独創的な製品やサービスを生み出していく人材を育てていくことが、生産性向上に繋がる重要なステップと考えられます。

こうしたことから、当本部では、活力溢れる豊かな四国の実現を目指し、企業や業種の垣根を越えた交流機会を提供するなど、これまで以上に「人づくり」に力を入れた支援策に取り組んでまいります。皆さま方におかれましては、引き続き、ご理解、ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

当本部について