研究会

HOME > 生産現場改善研究会

生産現場改善研究会

市場競争が激化するなか、モノづくり企業が生き残っていくためには、絶えず地道に着実な改善活動に取り組んでいく必要があります。
このため業種業態の異なる生産現場を訪問し、現地で現物を現実に見て、改善の着眼点や発想法のポイントをご習得していただきます。
また、中央でご活躍されている講師のセミナーに参加して、現場改革に役立つあらゆる知識を身に付けていただきます。
大変お役に立つ内容ですので、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

2018年度生産現場改善研究会 パンフレット

【年会費】
 会員企業 64,800円(税込)、一般企業 75,600円(税込)

※ 各例会は登録会員によるメンバー制で運営いたします。
※ 年度途中のご入会も随時受け付けており、その場合の年会費は未開催例会数で按分いたします。

お申込みはこちら

第1回

とき

2018年6月26日(火) 13:30~16:00

ところ

香川県宇多津町

内容

【工場見学】

 〇見学先:YYK AP㈱ 四国製造所
        [製造品目:窓・住宅商品、ドア商品、アルミ型材製品、生産方式:ライン生産方式]

 〇テーマ:「問題発見力」と「問題解決力」向上による現場力強化

      ・TPM活動(人づくり)による企業体質改善

〇定員 30名

第2回

とき

2018年7月18日(水) 13:30~16:00

ところ

広島県府中市

内容

【工場見学】

 〇見学先:㈱北川鉄工所 本社工場 
       [製造品目:工作機械周辺機械、生産方式:ライン生産方式〕


 〇テーマ:不適合ゼロ化への取組み
        ・TPM活動を基盤とする品質改善活動(Quality K-TPM活動)
        ・不適合再発ゼロへの取組み
        ・不適合ゼロ化を主眼とする生産現場2S活動
 
〇定員:40名

第3回

とき

2018年8月6日(月) 10:00~16:30

ところ

レクザムホール 小ホール棟 4階 大会議室

内容

[講 座]
 〇テーマ:標準作業書作成と標準時間設定
       ・現場管理の基本である標準作業書作成および標準時間設定の方法・手順を学ぶ

 〇講 師:日産自動車 日産ラーニングセンター チーフインストラクター 松澤 安彦氏

第4回

ところ

香川県東かがわ市

内容

【工場見学】
 〇見学先:(株)FUJIDAN 本社工場
     [製品品目:段ボール製品、生産方式:ライン生産]

 〇テーマ:「あっ」と驚く工場作り
         ・小ロット多品種への対応
         ・面白い生産設備の開発
         ・新分野への挑戦
         ・社員が働きやすい環境作り

 〇見学日  ・2018年9月18日(火) 13:30~16:00 (定員20名)
       ・2018年9月21日(金)  13:30~16:00 (定員20名)

       (同一内容の見学を2回開催いたします。参加希望日を申込備考欄にご記入ください。)

第5回

とき

2018年10月中・下旬(未定) 13:30~16:00

ところ

広島県府中市

内容

[工場見学]
 〇見学先:リョービ㈱ 広島工場  (広島県府中市)
      [製品品目:アルミ ダイカスト製品、生産方式:ライン生産方式]


 〇テーマ:モノづくりを支えるTPM活動
          ~モノづくりは人づくり~


 〇定員  20名

第6回

とき

2018年11月7日(水) 10:00~16:30

ところ

レクザムホール 小ホール棟 4階 大会議室

内容

【講 座】
 
  〇テーマ:デザインレビューの具体的な進め方と検討項目のまとめ方
         ~7つの「設計力」の要となるDRの各設計段階での実践手法を学ぶ~

  〇講 師:(株)ワールドテック  代表取締役 寺倉 修 氏