労使政策フォーラム

HOME > 2018年度 労使政策フォーラム

2018年度 労使政策フォーラム

政府が最重要課題の一つに掲げる働き方改革関連法が6月に成立しました。同法の施行に向けて、企業労使は、労務管理のあり方や制度の見直しなど、的確な対応が求められることとなります。
 今回のフォーラムは、政府の働き方改革実現会議の中核的メンバーである東京大学 水町 勇一郎教授をお招きし、実践に向けての課題の本質を指摘いただくとともに、同法の柱である"残業時間の上限規制"や"同一労働同一賃金の導入"を実効あるものとし、時間外労働の削減や非正規労働者の処遇改善につなげていくためには、どのような対応が必要なのかなどについて、ハマキョウレックス事件・長澤運輸事件等の判例の解説を交えてご教示いただきます。
 また、後半の講演では、元 吉本芸人の経歴を持つ夏川 立也氏より「笑い=良い気分」を通じて職場環境を活性化するコミュニケーション術の秘訣を紹介していただきます。

とき

2018年9月26日(水) 13:15~16:30

ところ

レクザムホール(香川県県民ホール) 小ホール棟 4階 大会議室

参加費(1名につき・税込)

会員企業 10,800円
一般企業 16,200円
会員労組  無料 ※
一般労組  5,400円

 ※連合四国ブロック連絡会の本フォーラム開催費用一部負担により、連合加盟の労働組合も参加費無料

申込期限

2018年9月14日(金)

詳細内容

【講  演】 13:15~14:45
働き方改革の実現に向けた課題と対応
~労働法学の視点から見た改革実現のポイント~
東京大学社会科学研究所
教授 水町 勇一郎 氏

【特別講演】 15:00~16:30
笑いで職場環境を活性化
~吉本芸人として学んだ魔法のコミュニケーション術~
コミュニケーション・プロデューサー
夏川 立也 氏

問合先担当者

人財育成部 中 真也
TEL.087-851-4262

お申込みはこちら