研究会

HOME > 四国サービス産業生産性向上研究会

四国サービス産業生産性向上研究会

~ 労働力不足時代の自動化・IT化による業務効率化と顧客価値創造 ~

 「四国サービス産業生産性向上研究会」では、四国地域のサービス産業の生産性向上を目指して、労働力不足時代への対応や新たな顧客価値の創造のため、作業の自動化や顧客情報の戦略化を探求するとともに、労働集約型産業であるサービス産業における労働環境の改善に向けた諸課題の解決を図ります。
 第2回定例会では、日本一いい会社「伊那食品工業」の塚越副社長様にお越しいただき、同社の顧客価値創造についてご講演いただきます。

「四国サービス産業生産性向上研究会」パンフレット.pdf


【年会費】
 会員企業 54,000円(税込)、一般企業 64,800円(税込)

※本研究会は登録会員によるメンバー制で運営いたします。
※登録機関の窓口の方に対して、各例会の詳細な案内情報をお送りいたします。
※ご入会いただきますと、年5回の定例会にご参加いただけます。
※定例会ごとで複数名ご参会いただくことも可能です。
※年会費のご請求書は、第1回定例会終了後にご郵送させていただきます。
※年度途中のご入会も可能です。年会費は按分いたします。

お申込みはこちら

第1回「RPA(ロボティック プロセス オートメーション)によるサービス産業の生産性向上」~業務の自動化、効率化で労働力不足を解消~

とき

2018年6月29日(金)13:30~16:30

ところ

高松テルサ

内容

(ねらい)間接業務を中心に労働力不足解消のツールとして注目されているRPA(ロボティック プロセス オートメーション)について、その概要や期待効果、具体的導入方法について学びます。また、先進事例のご紹介とともに、当日、身近な業務事例のデモンストレーションを行います。

講師:特定非営利活動法人 ITCかがわ 会長 中庭 正人 氏

第2回「日本一いい会社に学ぶ顧客価値創造」~伊那食品工業”かんてんぱぱ”の成長戦略と経営方針~

とき

2018年7月26日(木)13:30~16:30

ところ

高松テルサ

内容

増収増益を続ける日本一いい会社「伊那食品工業」。奇跡の成長ともいわれる同社”かんてんぱぱ”の顧客価値創造の取り組みについて、社是「いい会社をつくりましょう」の経営方針とあわせご紹介いたします。

講師:伊那食品工業株式会社 代表取締役副社長 塚越 英弘 氏

第3回「労働力不足時代のサービス産業のあり方」~先進事例にみるサービス産業の潮流と将来展望~

とき

2018年8月31日(金)13:30~16:30

ところ

高松テルサ

内容

マクドナルドの顧客志向経営による復活劇や、ヤマト運輸による人手不足対応とサービス内容の見直し戦略等の先進事例の紹介を中心に、これからのサービス産業のあり方について、昨今のサービス産業の業界課題や将来展望についてご紹介いたします。

講師:法政大学経営大学院 イノベーション・マネジメント研究科 教授 小川 孔輔 氏

第4回「サービス業における業務改善の効果的な進め方」~トヨタ生産方式による業務のムダの排除とモノと情報の整流化~

とき

2018年10月 13:30~16:30

ところ

高松テルサ

内容

製造業の改善手法として成果を上げているトヨタ生産方式(JIT:ジャストインタイム)について、サービス業への適用方法、その有効性・効果等について、実際の改善事例を交えてご紹介いたします。

講師:公益財団法人 日本生産性本部 経営コンサルタント 平澤 宏邦 氏

第5回「AI、ロボットによる生産性向上の先進事例研究」

とき

2019年2月 13:30~16:30

ところ

*先進事例を選定中

内容