四国地方労働組合生産性会議

HOME > 第62回 四労生研究フォーラム

第62回 四労生研究フォーラム

従業員の価値観や働き方の多様化、非正規雇用の増大など、労働組合を取り巻く環境は大きく変化しています。労働組合の組織率の低下や従業員の組合離れが進む中、組合員をひきつけ牽引していける人材の育成は、多くの労働組合で喫緊の課題となっています。
 こうした認識のもと、今回のフォーラムでは、産別労働組合のトップを講師にお招きし、「労働組合における人材育成のあり方」について講演をいただくとともに、後半では、講演内容を踏まえて、「労働組合として、どう人材育成に取り組んでいけばよいのか」について参加者の皆さまにディスカッションをしていただきます。
 役員の方々はもちろん次世代を担うリーダーの方々など、労組活動経験の長短や専従・非専従に関わりなく、多くの方々にご参加いただきますよう、ご案内申し上げます。

とき

2019年12月7日(土)  13:00~16:30(時間は予定)

ところ

レクザムホール(香川県県民ホール) 小ホール棟 4階 大会議室
高松市玉藻町9-10 tel.087-823-3131

参加費(1名につき・税込)

1人当たり 5,400円(税込)

申込期限

2019年11月29日(金)

詳細内容

【開会挨拶】
四国地方労働組合生産性会議 議長 中村 亨

【講  演】
「労働組合を取り巻く環境の変化と人材育成」(仮題)
  JAM 会長 安河内 賢弘 氏    

【デイスカッション】    進行 四国地方労働組合生産性会議 役員
参加者が講演内容を振り返り、「人材育成にどのように取り組んでいけばよいのか」についてグループ(5~6人)でフリーディスカッションをしていただきます。

問合先担当者

四国生産性本部 人財育成部 中 真也
TEL:087-851-4262

お申込みはこちら