セミナー

HOME > 現在受付中の事業 > セミナー > 【新企画】生産期間(リードタイム)短縮・在庫削減セミナー

【新企画】生産期間(リードタイム)短縮・在庫削減セミナー生産期間(リードタイム)短縮と在庫削減の進め方 ~短納期でフレキシブルなモノづくりを実現する!~

とき

10月11日(水)10:00~17:00

ところ

レクザムホール 小ホール棟 5階 多目的大会議室

講師

(株)MEマネジメントサービス 代表取締役 小川 正樹 氏

講師プロフィール

大手機械メーカー、(株)日本能率協会コンサルティングを経て、1986年(株)MEマネジメントサービス入社。2012年代表取締役。主に、原価管理、原価見積、生産・物流管理システムの立案、構築、実施やVE・IE・品質工学を通じて総合的コストダウンを展開し、企業の業績を改革するコンサルティング業務が活動の中心である。
〔資格〕技術士(経営工学)、マネジメント・コンサルタント

対象

製造、生産技術、生産管理部門の管理者、監督者、リーダー

プログラム

1.今日企業の抱えている課題と対応策を整理する
(1)経営環境変化と顧客の要求に応じた即納体制の要請
(2)生産期間から見た企業の基本戦略
(3)SCMからVCMへの展開
(4)リードタイム・在庫の構造を見える化する
(5)他部門・協力会社にまたがる課題解決の進め方
  〔演習:基準在庫量を設定してみよう〕

2.生産要素を最適に組み合わせた生産方式への改革
 ~人、材料、設備、エネルギーをムダなく活用する~
(1)製造期間を短縮するモノづくりの基本
(2)モノの運搬、停止期間を短縮する同期生産(ライン生産・セル生産)
(3)ライン生産・セル生産の特徴と改善ポイント
(4)設備のトラブル時間はIoT活用により停止する前に手を打つ
  〔演習:生産量と品種の変動に対応するラインを検討する〕

3.管理システムの改革(1)
 ~自社の管理方法の再確認と協力会社との関係を構築する~
(1)製造期間を短縮する生産計画と負荷調整のやり方
(2)TOC(制約条件の理論)を活用したフレキシブルな生産計画の立て方
(3)モノを探す時間を削減する進捗管理と現品管理のやり方
(4)在庫を低減する資材および製品在庫管理の進め方
  〔演習:TOCを活用した生産計画を立案する〕

4.管理システムの改革(2)
 ~事前に手を打つフロントローディングを構築する~
(1)確認修正型からフロントローディング型の生産方式へ
(2)開発・設計期間を短縮するICTの活用と標準化
(3)生産準備期間を短縮するコストテーブルとCAD見積
(4)開発~生産準備の一気通貫システム構築例

参加費(1名につき・税込)

会員企業 27,000円、一般企業 32,400円
(会員企業3名様以上参加 21,600円に割引)

申込期限

10月6日(金)

詳細内容

生産期間(リードタイム)短縮・在庫削減セミナー パンフレット  モノクロPDF(202KB)   カラーPDF(1.2MB)

問合先担当者

人財育成部 TEL 087-851-4262