セミナー

HOME > セミナー:経理・財務 > 原価計算・管理会計実務セミナー

原価計算・管理会計実務セミナーマネジメント・経営に役立てる原価計算と管理会計の基礎知識

とき

2020年7月7日(火) 10:00~16:30

ところ

高知共済会館(高知)
3階 会議室

高知市本町5-3-20
TEL.088-823-3211

講師

南公認会計士事務所 代表
公認会計士・税理士 南 俊基 氏

講師プロフィール

早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。慶應義塾大学経営管理研究科修了(経営学修士)。監査法人トーマツにて、会社更生法会社の監査や財務調査に従事する。その後、ソニーグループの経営戦略コンサルティング会社にて事業戦略の立案等に従事するとともに、財務省理財局にて財政投融資監査業務に従事する。
バイオベンチャーのテラ株式会社にて、創業時から監査役を務め、2009年にJASDAQ市場に上場する。
現在は南公認会計士事務所の代表として、メーカー、IT企業、バイオベンチャー企業等に対して、事業戦略、財務戦略、コスト管理に関するコンサルタントとして活躍するとともに、企業向け財務、管理会計の研修講師を数多くこなしている。
【著書】『6W3Hで読み解く決算書入門』『書いて身につく!会社分析ドリル』

対象

〇 経営幹部
○ 経理・財務部門の責任者、担当者
〇 営業や事業企画など幅広い部門の責任者、担当者
   ※簿記の知識がなくても大丈夫です。

プログラム

1.イントロダクション
(1)原価計算と管理会計の関係
(2)コストマネジメントはなぜ必要か?
(3)なぜコストは下がらないのか?
(4)管理会計の基本的な考え方

2.原価の仕組みを理解する
(1)原価の構造的な理解(変動費と固定費、見た目からの分解)
(2)変動費と固定費を分けると何が見えるか
(3)具体的な分解方法
(4)直接原価計算の仕組み

3.よくわかる損益分岐点分析(CVP分析)
(1)損益分岐点とは何か
(2)損益分岐点分析の具体的な手法
(3)アウトソーシングはコスト削減につながるか
  ~CVP分析から見る現在の経済環境下における企業の問題点~

4.原価計算の基本
(1)見込生産と受注生産で原価計算の方法は変わる
(2)原価計算の基本的な流れ
(3)材料費、労務費、経費の計算方法
(4)製造間接費とは何か
(5)現在の原価計算方式の欠点

5.標準原価計算の基礎知識と活用法
(1)標準原価計算とは目標を持つこと
(2)目標管理の導入がコスト削減につながる
(3)ムダの原因分析によるコスト削減
(4)標準原価計算を負担なく導入するには

6.原価計算と管理会計で何が見えてくるか
(1)目標管理の導入がコスト削減につながる
(2)ムダの原因分析によるコスト削減

詳細内容

原価計算・管理会計実務セミナー パンフレット(PDFファイル)

参加費(1名につき・税込)

会員企業 27,500円、一般企業 33,000円
(会員企業3名様以上参加 22,000円に割引)

● 7月6日(月)以降のキャンセルについては、参加費の全額を申し受けますので、代理の方のご参加をお願いいたします。

● 参加費は、セミナー終了後にご連絡担当者へご請求させていただきます。

ご参加にあたってのご連絡

1.会場での受付は開講30分前から行います。
2.電卓、筆記用具を各自ご持参願います。
3.昼食にお弁当をご用意いたします。

申込期限

2020年7月3日(金)

問合先担当者

人財育成部 古市・大津
TEL:087-851-4262