セミナー

HOME > セミナー:マネジメント教育(管理者) > 管理者のためのメンタルヘルス対策セミナー【複数割対象外】

管理者のためのメンタルヘルス対策セミナー【複数割対象外】自分と組織の健康を守り、心理的安全性のある職場づくりの具体的方策を学ぶ!

とき

6月7日(火) 10:00~17:00

ところ

レクザムホール  小ホール棟 4階 大会議室
高松市玉藻町9-10  TEL.087-823-3131

講師

(株)ビジネスプラスサポート  人財育成プロデューサー  山田 容子 氏

講師プロフィール

大学卒業後、大型重機メーカーの営業、ソーシャルワーカー、学習塾経営を経て、人材育成会社に勤務。人材育成トレーナーとして、ビジネスマナーをはじめ、コーチング、心理学、メンタルヘルスなどの分野で活躍の場を広げる。同志社大学大学院 総合政策科学研究科にて、組織論を研究。(株)ビジネスプラスサポート 人財育成プロデューサーとして、現在に至る。

対象

・部長・次長・課長・係長
・メンタルヘルスについての知識を習得したい方

プログラム

【1】メンタルヘルス不調とは
(1)メンタルヘルス不調とはなにか
(2)職場におけるメンタルヘルス不調の現状
(3)メンタルヘルス不調 3大要因
(4)メンタルヘルス 3つのケアと3つの予防
(5)管理者が見逃してはいけない不調の特徴とサイン

【2】ラインに求められる不調の発覚から休職までの対応
(1)メンタルヘルス不調の従業員に対する対応の流れ 【ケーススタディ】
(2)いつもと様子が異なる部下に対して留意することとは? 【個人ワーク】 
(3)休職までのラインの役割と留意点

【3】職場復帰までの対応と支援
(1)職場復帰までの流れの理解
(2)職場復帰で起こり得る問題とは
(3)スムーズな職場復帰をするために 
 ~職場体制づくりの大切さ~   
   
【4】個人が持つ資源を高めるセルフケア
(1)大切なのは「個人の資源」を高めること
(2)ワーク・エンゲイジメントアップのセルフケア
 実践1 心を落ち着かせる呼吸法 【個人ワーク】
 実践2 ポジティブ発想を定着させるポジティブ・レコード法 【個人ワーク/グループワーク】

【5】組織が持つ資源を活かす職場づくり
(1)「組織の資源」を高め社員の力を引き出そう
(2)社員の健康に気を付けるべき時期とポイント
(3)心理的安全とワーク・エンゲイジメントの関係とは
(4)部下への勇気づけと承認スキルを学ぶ 【個人ワーク/グループワーク】
                   
【6】今、職場でできること 
(1)一人ひとりが「自分を活かす」責任者
(2)職場で今、何ができるかを考える 【個人ワーク】

詳細内容

管理者のためのメンタルヘルス対策セミナー パンフレット(PDFファイル)

参加費(1名につき・税込)

会員企業 27,500円、一般企業 33,000円
 ※複数割の対象外です。

● 6月6日(月)以降のキャンセルについては、参加費の全額を申し受けますので、代理の方のご参加をお願いいたします。
● 参加費は、研修終了後にご連絡担当者へご請求させていただきます。

ご参加にあたってのご連絡

1.会場での受付は開講30分前から行います。
2.筆記具を各自ご持参願います。
3.昼食にお弁当をご用意いたします。

申込期限

6月3日(金)

問合先担当者

人財育成部 小林
TEL.087-851-4262