セミナー

HOME > セミナー:経理・財務 > 税務知識習得セミナー

税務知識習得セミナー税金の基礎を学び経理実務に役立てる、やさしく学ぶ「税金実務講座」

とき

12月3日(金)10:00~16:30

ところ

レクザムホール(高松) 小ホール棟4階 大会議室
高松市玉藻町9-10  TEL.087-823-3131

講師

アクタス税理士法人
税理士 藤田 益浩 氏

講師プロフィール

福井県小浜市出身。1997年 早稲田大学商学部卒業。上場電子部品メーカーの経理実務の経験を経て、2001年6月より現職。2004年税理士登録。
メーカー経理時代に、支払管理、固定資産管理の業務を経験し、上場企業における効率的、組織的な経理を学ぶ。現職においては、その経験を活かした中小企業の会計・税務のコンサルティングなどの業務に従事。税務や会計に関するセミナー講師も多数行っている。

対象

・経理・財務・総務・管理部門の管理者・担当者

プログラム

1.経理が知っておくべき税金の捉え方
 (1)日本の財政と税の役割
 (2)MMTなどの新しい考えについて
 (3)税法の体系、税法と通達の違いなど
(4)経理に求められる税務の知識と会計処理について

2.法人税を理解して経理実務を深く理解
 (1)法人税は会計との違いを強く認識して捉える
 (2)申告書は構造で理解する
 (3)申告調整の主要なものを理解する
   法人税なのに所得税が発生する場合の計算方法
   交際費とその周辺経費の考え方
   寄付金の考え方と計算方法
   役員報酬と従業員給与の違いについて
   受取配当金の損金不算入の考え方と計算方法

3.消費税を知ると経理処理がスムーズに
 (1)消費税は取引に係る税金、課税対象を理解する
 (2)会計処理と消費税の課税区分について理解する
 (3)消費税の計算方法を理解する

4.頻出する源泉所得税の実務
 (1)会社で使う所得税について
 (2)源泉所得税の対象を理解する

5.その他頻出する印紙税、固定資産税・償却資産税などの税金の実務
 (1)印紙税が課される理由と課される対象について理解する
 (2)固定資産税、償却資産税の計算対象について理解する

詳細内容

税務知識習得セミナー パンフレット(PDFファイル)

参加費(1名につき・税込)

会員企業 27,500円、一般企業 33,000円
(会員企業3名様以上参加 22,000円に割引)

● 12月2日(木)以降のキャンセルについては、参加費の全額を申し受けますので、代理の方のご参加をお願いいたします。
● 参加費は、セミナー終了後にご連絡担当者へご請求させていただきます。

ご参加にあたってのご連絡

1.会場での受付は開講30分前から行います。
2.電卓、筆記具を各自ご持参願います。
3.昼食にお弁当をご用意いたします。

申込期限

2021年12月1日(水)

問合先担当者

人財育成部 大津
TEL.087-851-4262