セミナー

HOME > セミナー:総務・人事・労務・法務 > ビジネスで必須の法律知識の基礎習得セミナー

ビジネスで必須の法律知識の基礎習得セミナービジネスでよく使う法律知識の基礎を身につける

とき

9月16日(木)10:00~16:30

ところ

レクザムホール(高松) 小ホール棟4階 大会議室
高松市玉藻町9-10  TEL.087-823-3131

講師

長島・大野・常松法律事務所
弁護士 辺 誠祐 氏

講師プロフィール

1984年大阪生まれ、2010年京都大学法科大学院修了後、11年長島・大野・常松法律事務所入所。13年5月に公認不正検査士(CFE)資格を取得。17年Duke University School of Law卒業(LL.M.)。18年6月NY州弁護士登録。17年8月から18年7月の間は、Dechert LLPのNYオフィスにて研修し米国の企業犯罪・訴訟等の案件に関与。弁護士登録以来、コンプライアンス、危機管理・企業不祥事対応、金融規制、人事・労働法務、訴訟・紛争解決等を中心に広く企業法務一般に携わる。第一東京弁護士会所属。

対象

・法務・総務、営業、経理部門などの管理者・担当者
・本内容について、知識を整理・確認したい方

プログラム

1.ビジネス法律の基礎知識
(1)法律関係とは
(2)権利・義務関係の主体
(3)契約とは
(4)注文書と注文請書の法的意味
(5)法律文書に必要な4つの要素
(6)原本・謄本・抄本・正本・副本の法的意味
(7)領収書の法的意味
(8)委任状の法的意味
(9)印紙の法的意味
(10)内容証明郵便の法的意味
(11)文書の作成日の意義と確定日付

2.印鑑の法的効果と使用上の注意
(1)署名・記名の意味
(2)印鑑の法的意味
(3)実印と認印の違い
(4)拇印・書き判の効力
(5)契印・訂正印・捨印・割印・消印の意味と方法
(6)会社の実印・社印・銀行印の意味と違い

3.契約に関する法律知識
(1)契約の成立
(2)契約の種類
(3)契約の有効性
(4)契約書の作成に関する基礎知識
(5)相手方が債務を履行しない場合の対処方法
(6)契約書に定めておきたい条項
(7)公正証書の意味と活用方法

4.債権の管理・回収をめぐる問題点
(1)債権の管理・回収の基本的な考え方
(2)消滅時効
(3)債権譲渡
(4)債権回収の具体的な手段
(5)執行・保全
(6)担保
(7)取引先が倒産手続に入った場合の対処方法

詳細内容

会社で使う法律基礎知識習得セミナー パンフレット(PDFファイル)は出来上がり次第、掲載いたします。

参加費(1名につき・税込)

会員企業 27,500円、一般企業 33,000円
(会員企業3名様以上参加 22,000円に割引)

● 9月15日(水)以降のキャンセルについては、参加費の全額を申し受けますので、代理の方のご参加をお願いいたします。

● 参加費は、セミナー終了後にご連絡担当者へご請求させていただきます。

ご参加にあたってのご連絡

1.会場での受付は開講30分前から行います。
2.筆記具を各自ご持参願います。
3.昼食にお弁当をご用意いたします。

申込期限

2021年9月14日(火)

問合先担当者

人財育成部 大津
TEL.087-851-4262