セミナー

HOME > セミナー:総務・人事・労務・法務 > 労働法基礎セミナー

労働法基礎セミナー労働法を初心者向けに分かりやすく解説

とき

2020年9月3日(木) 10:00~16:30

ところ

レクザムホール  大ホール棟 5階 第1・第2会議室
高松市玉藻町9-10  TEL:087-823-3131

講師

成蹊大学 法学部 教授
原 昌登 氏

講師プロフィール

◆専門分野・研究課題
労働法/特に、パワーハラスメント(パワハラ)、高齢者雇用

◆主な著書・論文等
○著書:『コンパクト労働法』(単著)新世社、2014年(2020年第2版刊行予定)・『事例演習労働法(第3版補訂版)』(共著)有斐閣、2019年・『実践・新しい雇用社会と法』(共著)有斐閣、2019年・『プラクティス労働法(第2版)』(共著)信山社、2017年
○論文:「パワーハラスメントとは」ジュリスト1530号34頁(2019年)・「パワハラ防止措置の法制化の意義」成蹊法学90号183頁(2019年)・「有期・無期契約労働者、短時間労働者の賃金処遇について、最新判例から考える」賃金事情2019年8/5・20号(2789号)18頁・「高齢者雇用をめぐる法的論点」成蹊法学89号25頁(2018年)・「ゼロから始める労働法レッスン」労務事情(産労総合研究所)連載中

対象

(労働法の重要ポイントを1日で理解したい方)
○ 人事労務部門の管理者・担当者
○ 労働組合執行部の方
○ 各職場の管理者 など

プログラム

1.労働法とは何か
 ・労働法の役割と全体像
 ・「働き方改革」の概要と意義

2.労働法を学ぶための基礎
 ・法を学ぶ基礎知識
 ・雇用の基本ルール(労働基準法、就業規則)
 ・労働契約の内容の決定・変更

3.近年、労使間で生じる課題と労働法のアプローチ
 ・雇用・処遇に関わる問題(退職・解雇)
 ・長時間労働に関わる問題
 ・メンタルヘルスと職場の安全・健康管理に関わる問題
 ・働き方の多様化に関わる問題(非正規雇用)

4.まとめと質疑応答

詳細内容

人事労務基礎セミナー パンフレット(PDFファイル)は、出来上がり次第、掲載します。

参加費(1名につき・税込)

会員企業 27,500円、会員労組 14,300円、
一般企業 33,000円、一般労組 17,600円
(会員企業3名様以上参加 22,000円に割引)

● 9月2日(水)以降のキャンセルについては、参加費の全額を申し受けますので、代理の方のご参加をお願いいたします。

● 参加費は、セミナー終了後にご連絡担当者へご請求させていただきます。

ご参加にあたってのご連絡

1.会場での受付は開講30分前から行います。
2.筆記具を各自ご持参願います。
3.昼食にお弁当をご用意いたします。

申込期限

2020年9月1日(火)

問合先担当者

人財育成部 大津
TEL:087-851-4262