セミナー

HOME > セミナー:マネジメント教育(管理者) > 【複数割対象外】管理者能力強化研修 【2日間 通学制】

【複数割対象外】管理者能力強化研修 【2日間 通学制】「本質的マネジメント力」と「人間力」を強化

とき

2020年9月3日(木) 10:00~18:50
2020年9月4日(金) 9:00~16:30

ところ

レクザムホール  小ホール棟 4階 大会議室
高松市玉藻町9-10  TEL:087-823-3131

講師

マツダ事務所
代表 松田 正幸 氏

講師プロフィール

1950年生まれ。74年九州大学文学部社会学科卒。同年日産自動車㈱入社、電子計算部配属。82年情報システム海外生産(米国・英国・スペイン・豪州・メキシコ)担当。84年メキシコ日産自動車情報システム部出向(情報システムマネージャー)。85年日産九州工場電算課総括。89年本社情報システム部総括。90年村山工場・宇宙航空/繊維機械事業部管掌情報システム課長。96年日産自動車㈱退社、同年マツダ事務所開設、現在に至る。各種コンサルティング、研修・セミナー講師として活躍。

対象

○ 部長・次長・課長
○ 自らのマネジメント能力を高めたいとお考えの管理・監督者

プログラム

Ⅰ.激変期(ターニングポイント)における管理職の役割と責任
1.これまでの日本企業は「管理職の力」で成長してきた ~欧米企業との違い~
2.管理力(マネジメント力)復権への期待
3.市場環境(グローバル&ローカル)の変化を考える
4.「働き方改革」を推進するための課題は何か
5.令和の管理職には「意識・行動改革」が求められている

Ⅱ.令和の管理職に求められる「組織マネジメント力」とは
1.これからの組織人の「キャリア設計」を考える
2.「ヒト・キャリア」マネジメント
3.「ジカン」マネジメント
4.「カネ」のマネジメント
5.「セルフ」マネジメント

Ⅲ.「健全な組織運営」のために考えるべきこと
1.「健全な危機意識」が組織を存続・成長させる
2.業務運営における「リスクマネジメント」とは何か

Ⅳ.自己とグループの思考スタイルを分析する
1.自分自身を分析し、自分の強みを活かす
2.セルフチェックをする
3.ハーマンモデルとは
4.自分と関係者の思考スタイルを知る

【交流懇親会「魅力ある管理者とは」】

<2日目>

Ⅴ.管理者に求められる経営分析力とは
1.企業における計数管理の重要性
2.企業財務に関する基礎知識

Ⅵ.職場マネジメントのための「思考技術」活用のすすめ
1.考えを「見える化」する
2.企画力強化ツール(道具)の活用法

Ⅶ.職場における問題発見とその解決方法
1.なぜ仕事がうまくいかないのか?
2.なぜ「報連相」がうまくできないのか?

Ⅷ.部下指導のポイントと管理職の役割
1.これからは組織が大きく変わる時代
2.職場に活力を与える管理職を目指して
3.部下の動機づけをするには
4.部下の信頼を得るには
5.部下指導チェックシートを活用する
6.部下の上手な「しかり方」、「ほめ方」(「指導ルール」を作る)

Ⅸ.ビジネス・コーチングとマネジメント
1.コーチングとは何か ~コーチングの歴史~
2.コーチング・マネジメントの時代へ
3.質問力の活用方法

Ⅹ.研修全体のまとめ

詳細内容

管理者能力強化研修 パンフレット(PDFファイル)は、出来上がり次第、掲載します。

参加費(1名につき・税込)

会員企業 52,800円、一般企業 63,800円

● 9月2日(月)以降のキャンセルについては、参加費の全額を申し受けますので、代理の方のご参加をお願いいたします。

●「会員企業」の方は、2020年3月31日(火)までにお申し込みいただきました場合、参加費の割引制度「早割」が適用されます。
会員企業 47,520円
 なお、「複数割」は対象外となりますので ご注意ください。割引制度については、こちらをご参照ください。

● 参加費は、セミナー終了後にご連絡担当者へご請求させていただきます。

ご参加にあたってのご連絡

1.会場での受付は開講30分前から行います。
2.筆記具、名刺(約40枚・お持ちの方のみで可)を各自ご持参願います。
3.昼食にお弁当をご用意いたします。交流懇親会では軽食とお飲物をご用意いたします。

申込期限

2020年9月1日(火)

問合先担当者

人財育成部 小林
TEL:087-851-4262