セミナー

HOME > セミナー:総務・人事・労務・法務 > 問題社員対応実務セミナー

問題社員対応実務セミナー問題社員への法的対応と実務留意点

とき

2019年12月6日(金) 10:00~16:30

ところ

レクザムホール(高松)
小ホール棟 4階 大会議室

高松市玉藻町9-10
TEL:087-823-3131

講師

弁護士法人淀屋橋・山上合同
パートナー 弁護士 渡邊 徹 氏

講師プロフィール

1997年京都大学卒業。99年司法修習終了・弁護士登録(大阪弁護士会)。2003年弁護士法人淀屋橋・山上合同パートナー就任。
現在、日本労働法学会、経営法曹会議、日本弁護士連合会労働法制委員会、大阪弁護士会労働問題特別委員会、大阪弁護士会子どもの権利委員会等に所属。
【主な著書】
「書式 労働事件の実務」共著(民事法研究会)、「人事労務規程のポイント−モデル条項とトラブル事例−」共著(新日本法規出版)、「企業のための労働契約の法律相談〔改訂版〕」共編著(青林書院)ほか多数。 

対象

○ 人事労務部門の管理者・担当者
○ 問題社員の対応に苦慮している各職場の管理者
○ 本内容について理解を深めたい方

プログラム

1.はじめに ~紛争回避のための視点

2.解雇総論
(1) 解雇権濫用法理の概要 ~判例でみる解雇の難しさ
(2) 有期雇用者の雇止め法理等

3.問題社員ケース別対応 ~裁判例を踏まえて
(1)能力不足/協調性不足 ~裁判で使える記録の取り方
(2) 懲戒処分の実務 ~私生活上の非違行為/兼業禁止義務違反等
(3) メンタルシック社員への対応

4.適正配置の実務的留意点
(1) 人事権行使の重要性
(2) 配置転換/出向の基本的考え方と今日

5.雇用関係解消への実務的留意点
(1) 総論 ~基本的な考え方
(2) 退職勧奨の方法
(3) 退職届の法的性質
(4) 合意退職の実務

6.最後に 

詳細内容

◆問題社員対応実務セミナー パンフレット

参加費(1名につき・税込)

会員企業 27,500円、一般企業 33,000円
(会員企業3名様以上参加 22,000円に割引)

● 12月5日(木)以降のキャンセルについては、参加費の全額を申し受けますので、代理の方のご参加をお願いいたします。

● 参加費は、セミナー終了後にご連絡担当者へご請求させていただきます。

ご参加にあたってのご連絡

1.会場での受付は開講30分前から行います。
2.筆記具を各自ご持参願います。
3.昼食にお弁当をご用意いたします。

申込期限

2019年12月4日(水)

問合先担当者

人財育成部 熊澤
TEL:087-851-4262