セミナー

HOME > セミナー:経理・財務 > 財務諸表の読み方・活かし方セミナー

財務諸表の読み方・活かし方セミナー財務諸表を読み解き、顧客・取引先を理解する基礎力の習得

とき

2019年10月23日(水) 10:00~16:30

ところ

レクザムホール(高松)
小ホール棟 4階 大会議室

高松市玉藻町9-10
TEL:087-823-3131

講師

南公認会計士事務所 代表、
公認会計士・税理士 南 俊基 氏

講師プロフィール

早稲田大学政治経済学部経済学科卒業、慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了(経営学修士)。監査法人トーマツにて、会社更生法会社の監査や財務調査に従事。ソニー㈱100%出資の経営戦略コンサルティング会社にて事業戦略の立案等に従事。財務省理財局にて財政投融資監査業務に従事。バイオベンチャーのテラ㈱にて、創業時から監査役を務め、2009年にJASDAQ市場に上場。現在は南公認会計士事務所の代表として、メーカー、IT企業、バイオベンチャー企業等に対して、事業戦略、財務戦略、コスト管理に関するコンサルタントとして活躍している。あわせて企業向けに財務、管理会計の研修を数多くこなしている。

【著書】
「6W3Hで読み解く決算書入門」「書いて身につく!会社分析ドリル」(ともに日本経済新聞社)

対象

・経営者・経営幹部
・経理・財務部門の管理職、担当者
・企画・管理・総務・法務・営業・製造など幅広い部門の管理、担当者

プログラム

第1部:決算書を読み解く

1.決算書のしくみ
(1)決算書の役割の整理
(2)貸借対照表からわかること
(3)損益計算書からわかること
(4)キャッシュフロー計算書からわかること

2.決算書の読み方と使い方~エクセルを使ったデモンストレーションで理解する~
(1)3つの決算書からわかること
(2)貸借対照表の使い方~ 資金の流れをベースに貸借対照表を使うと何がわかるか
(3)損益計算書からわかること~5つの利益の組み合わせから損益計算書を使うと何がわかるか
(4)キャッシュフロー計算書からわかること ~ポイントはキャッシュの源泉と使い道
  【エクセルシートで確認】3つの決算書のつながりはどうなっているか

第2部:ビジネスモデルを分析する

3.経営分析の基本的な考え方と手法~A社のケース
(1)過去から現在、将来をみる:時系列分析
(2)同業他社と比較して会社の優劣をみる:同業他社分析

4.会社の儲ける力を分析する
(1)売上総利益率~会社の儲けの源泉を見ていく
(2)売上高営業利益率~会社の本業の儲ける力を見る
(3)売上高コスト比率~会社にとって優良なコスト、不良なコストを見る
(4)総資本事業利益率(ROA)~事業構造を見る最良の指標
(5)主資本当期純利益率(ROE)~株主の儲けを見る
(6)ROA、ROEを上げる方法~分解すると見えてくる会社の事業構造
  【エクセルシートで確認】デュポンモデルから見える企業の儲けの仕組み

5.ケーススタディー:A社、B社、C社の収益性分析の比較
(1)ビジネスプロセスを図にしてみる
(2)収益性分析の指標の確認と3社比較
(3)45度線分析を用いた各社の現状分析
(4)収益性分析と経営戦略の整合性の確認
  【エクセルシートで確認】分析シートから3社のビジネスはどうなっているか

6.ビジネスサイクルをチェックする:回転期間分析
(1)棚卸資産回転期間~在庫の動きを見ながら不振事業をあぶりだす指標
(2)売上債権回転期間~現金回収サイクルをみる指標
(3)仕入債務回転期間~会社の支払いサイトの動きを見る指標

7.危ない会社でないかを調べる:安全性分析
(1)流動比率~金融機関が重視する「支払い能力」をはかる
(2)固定長期適合率~長期的な投資と支払のバランスをチェックする
(3)株主資本比率~返済不要な資金はどれくらいか
(4)インタレストカバレッジレシオ~借金の大小がわかる指標

参加費(1名につき・税込)

会員企業 27,500円、会員労組 14,300円、
一般企業 33,000円、一般労組 17,600円
(会員企業3名様以上参加 22,000円に割引)

● 10月21日(月)以降のキャンセルについては、参加費の全額を申し受けますので、代理の方のご参加をお願いいたします。

● 参加費は、セミナー終了後にご連絡担当者へご請求させていただきます。

ご参加にあたってのご連絡

1.会場での受付は開講30分前から行います。
2.電卓、筆記具を各自ご持参願います。
3.昼食にお弁当をご用意いたします。

申込期限

2019年10月21日(月)

問合先担当者

人財育成部 古市
TEL:087-851-4262