セミナー

HOME > セミナー:総務・人事・労務・法務 > 就業規則実務セミナー

就業規則実務セミナー働き方改革関連法をふまえた就業規則の見直しと整備のポイント

とき

2019年7月19日(金) 10:00~16:30

ところ

レクザムホール(高松)
小ホール棟 4階 大会議室

高松市玉藻町9-10
TEL:087-823-3131

講師

社会保険労務士法人トムズコンサルタント
特定社会保険労務士 中山祐介 氏

講師変更のお知らせ

講師プロフィール

大学卒業後、一部上場物流会社に従事。
社会保険労務士資格取得後、2012年にトムズコンサルタント株式会社に入社。
人事労務コンサルティング業務を中心に、就業規則・諸規定の策定、研修講師、
社会保険・労働保険の手続代行業務、給与計算代行業務に従事。
実務における現場感覚を大事に、多数のクライアントのコンサルティングに従事。

対象

・人事労務部門の管理者・担当者
・本内容について知識を深めたい方

プログラム

1.就業規則作成の意義
(1)会社発展のための就業規則
(2)労働基準法と就業規則  
(3)就業規則の適用範囲と周知義務とは
(4)企業理念・社訓・モットーを就業規則に記載するべし 
(5)別規程にできるもの
(6)増えてきた口語体の記述
(7)モラル解説文つきの就業規則
(8)この規則以外のことについて

2.最新の法改正内容と、留意すべき労務管理上の重点事項
(1)働き方改革関連法対策(年休の年5日取得、勤務間インターバル等)
(2)5年超契約の無期転換制度への対策
(3)非正規従業員対策
(4)精神疾患・伝染性疾患対策
(5)ネットリスク対策
(6)時間外労働の抑制(働き方改革法を参考に)
(7)個人情報保護法への対策

3.災害発生時・異常事態への対応
(1)災害などで出勤できない場合の取り決め
(2)災害発生時の行動ルール(帰宅しない場合等の扱い)
(3)交通機関が異常事態となった場合
(4)停電などへの事前対策

4.社員の採用と異動に関する規定
(1)採用時の処理 
(2)試用期間の考え方と運用ルール
(3)異動の範囲と異動拒否対策

5.労働時間・休憩・休日・休暇に関する規定の定め方
(1)労働時間の限度は
(2)変形労働時間
(3)フレックスタイム制度
(4)裁量労働制
(5)休憩時間の付与
(6)休日、代休と振替休日
(7)女性の雇用と労働時間
(8)年次・特別有給休暇
(9)産前・産後休暇、生理休暇 
(10)育児休業・介護休業
(11)休職制度

6.服務規律に関する規定
(1)会社独自のルールを盛りこむ
(2)セクハラ、パワハラ、マタハラなどへの対応 
(3)モデル就業規則の功罪
(4)機密保持・競業避止
(5)モンスター社員対策
(6)副業・兼業対策

7.賃金・賞与に関する規定
(1)規定すべき事項
(2)時間外の基礎賃金とは
(3)やってはいけない賃金・賞与規定例
(4)退職金額の決定方法と就業規則 
(5)役員の賞与・慰労金等の留意点
(6)使用人兼務役員・執行役員の留意点

8.退職・解雇に関する規定
(1)退職 
(2)解雇 
(3)懲戒規定 
(4)記載すべき表現・留意すべき事項

9.安全衛生と災害補償に関する規定
(1)過労死、精神障害などの場合の労災認定 
(2)安全衛生に関して規定すべき事項 
(3)健康診断 
(4)産業医 
(5)災害補償

10.届出の際に注意すべき事項
(1)就業規則の届出
(2)会社合併・分割における労働条件の変更
(3)提出部数など

参加費(1名につき・税込)

会員企業 27,000円、一般企業 32,400円
(会員企業3名様以上参加 21,600円に割引)

● 7月18日(木)以降のキャンセルについては、参加費の全額を申し受けますので、代理の方のご参加をお願いいたします。

● 参加費は、セミナー終了後にご連絡担当者へご請求させていただきます。

ご参加にあたってのご連絡

1.会場での受付は開講30分前から行います。
2.筆記具を各自ご持参願います。
3.昼食にお弁当をご用意いたします。

申込期限

2019年7月17日(水)

問合先担当者

人財育成部 熊澤
TEL:087-851-4262