セミナー

HOME > セミナー:総務・人事・労務・法務 > 自動車事故・自転車事故対応実務セミナー

自動車事故・自転車事故対応実務セミナー従業員の自動車事故・自転車事故をめぐる企業の責任と実務対応

とき

2018年7月26日(木) 10:00~16:30

ところ

レクザムホール(高松)
大ホール棟5階 第1・第2会議室

高松市玉藻町9-10
TEL:087-823-3131

講師

千葉総合法律事務所
弁護士 千葉 博 氏

講師プロフィール

平成2年東京大学法学部卒業、平成3年司法試験合格、平成6年弁護士登録。法律事務所にて実務経験を積み、平成19年千葉総合法律事務所設立。専門分野は民事・商事・保険・労働・企業法務。関東学院大学・神奈川大学・早稲田経営学院の講師、東京リーガルマインド講師等歴任。分かりやすい講義には定評がある。

【著書】
「労働法正しいのはどっち?」(かんき出版)
「すぐわかる労働法」(労務行政)
「労働法に抵触しないための人員整理・労働条件の変更と労働承継」(清文社)
「従業員の自動車事故と企業対応」(清文社)
「入門 民法はこう読む」(日本実業出版)
「民法の読み方」(日本実業出版)
「司法試験絶対合格術」(ダイヤモンド社) ほか

対象

○ 安全運転管理
○ 総務部門の管理者・担当者
○ 本内容について興味のある方

プログラム

1. 従業員の自動車事故・自転車事故をめぐる近時の状況
 (1)飲酒運転における個人・企業の社会的責任に関する意識の高まり
 (2)2013年改正道路交通法改正
 (3)自動車運転死傷行為処罰法制定
 (4)急増する自転車通勤・自転車の業務使用

2. 自転車事故にはどのようなリスクがあるのか
 (1)自転車使用に伴うリスク
 (2)「自転車」の定義
 (3)自転車事故に関する保険

3. 自動車事故により企業に問われる責任
 (1)社有車の事故は重大な経営リスク
 (2)自動車事故で企業が負担する民事責任とは
   ①民法上の責任
   ②自賠法上の責任
 (3)企業はどのような場合に責任を負うのか
   ①従業員のマイカー事故
   ②社有車の無断使用による事故
   ③盗まれた社有車による事故
   ④下請会社の事故の場合は
   ⑤駐車車両による事故
   ⑥従業員のてんかん発作等による事故など
 (4)自転車事故
   ①自転車事故に関する法的取り扱い
   ②自転車事故の実例

4. 事故が発生した場合の具体的対応策
 (1)従業員に徹底しなければならない「事故時の対応」とは
   ①被害者に対する救護措置
   ②現場の安全の確保
   ③警察への通報
   ④会社への連絡
   ⑤証拠の収集
 (2)事故が生じた場合の上司・企業の対応
   ①事実確認と責任の有無の判断
   ②被害者への対応 ― 有責・無責の判断に応じた対応上の注意点
   ③刑事手続の知識
 (3)従業員の社内処分をなすべきか
 (4)損害賠償の具体例
 (5)自賠責保険・任意保険
 (6)飲酒運転対策
 (7)自転車事故の実務処理

5. 自動車・自転車管理をめぐる社内体制の整備
 (1)社内体制整備の手順
 (2)各種規定の整備
 (3)教育・研修を行う際のポイント
 (4)社有車管理体制・運行管理体制
 (5)事故を起こした者の懲戒・解雇

6. 有効な諸規程の作成・検討
 (1)「社有車」管理の関連規定
   ①車両管理
   ②役員専用車
 (2)「事故処理・修理」の関連規定
   ①自動車事故取扱
   ②自動車修理
 (3)「運転者」管理の関連規定
   ①運転者の心得
   ②安全運転教育
   ③安全運転者の表彰・手当
 (4)「マイカー使用」の関連規定
   ①マイカー通勤
   ②マイカー業務使用
   ③マイカー出張
 (5)自転車使用に関する規定
   ①自転車通勤規則
   ②自転車業務使用規則
 (6)その他
   ①出張先でのレンタカー使用
   ②駐車等

詳細内容

自動車事故・自転車事故対応実務セミナー パンフレット

参加費(1名につき・税込)

会員企業 27,000円、一般企業 32,400円
(会員企業3名様以上参加 21,600円に割引)

参加費は、セミナー終了後にご連絡担当者へご請求させていただきます。

ご参加にあたってのご連絡

1.会場での受付は開講30分前から行います。
2.筆記具を各自ご持参願います。
3.昼食にお弁当をご用意いたします。

申込期限

2018年7月24日(火)

問合先担当者

人財育成部 熊澤
TEL:087-851-4262